ストレス

妊活中の男性が気を付けるポイントは

妊活という言葉を聞くと、どうしても女性が主体となって行っているイメージがありますが、実は男性も女性と同様に積極的に行っていく姿勢が必要です。
特に男性原因の不妊であるとはっきりしている場合は、男性が主体となって行うべきです。
その場合男性が気を付ける点はどういったことでしょうか。

妊娠を望むカップルが、妊娠をしやすい環境や身体を作るために、さまざまな活動を行うことを総称した「妊活」という言葉は、最近ではごく普通に使われるようになりました。
不妊で悩んでいるカップルのうち、女性ではなく男性が原因というケースは、3割とも半数とも言われているのです。

最近は男性不妊を明らかにした本が出版されるなど、少しずつ知られるようになりましたが、それでも妊活というと、いまだに女性が中心となって行っているイメージがありますので、赤ちゃんが欲しいと考えている男性は、積極的に妊活を行う必要があるといえます。

男性が妊活を行う上において気を付けるべきことは、まずは情報の収集を行うことです。
産婦人科の不妊治療は、当然ですが患者は女性しかいませんので、男性には敷居が高いと感じることもあるかと思います。
最近では男性の不妊のことも少しずつ知られるようになったことから、男性にも配慮をされている不妊専門のクリニックや、泌尿器科などでは男性専門の不妊外来を設けているクリニックも出てきています。
男性専門ですので、男性の不妊に関する専門的な治療を受けることができます。
女性だけの場所には行きづらいという場合は、情報を集めて男性専門の外来を見つけてみましょう。

また妊活を行っている男性は、パートナーである女性への配慮が必要で、特に高度な不妊治療である体外受精にステップアップしている場合ですと、女性は何度もクリニックに通い、排卵のために肉体的や精神的にも多大な痛みや、プレッシャーがかかることが多々あります。
パートナーの負担が少しでも軽くなるように、気を配ることが必要です。