ストレス

無痛分娩は本当に痛みを感じないの?

あまり日本では広まっていませんが、海外では無痛分娩と呼ばれる麻酔を使った方法で出産を行うことが一般的です。
無痛分娩とはどのような手順で出産が行われるのでしょうか。
また無痛分娩で出産する際には、痛みはまったく感じないのでしょうか。

妊活を行っている時から、妊娠が判明したらどのクリニックや助産院で出産をするのかという産院選びは重要です。
また出産をする方法についても、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

出産方法は良く知られている経膣分娩の他にも、予定帝王切開や水中出産や無痛分娩など複数あります。
出産方法を前もって決めておくと、産院を選ぶ基準にすることができます。

無痛分娩とは陣痛を麻酔によってコントロールを行って、なるべく痛みを感じないようにしながら出産を行う方法です。
陣痛の痛みは非常に大きなもので男性には痛みに耐えられないといわれているほどで、陣痛の長さや大きさには個人差が大きいですが、長い陣痛がずっと続くと危険が及ぶこともあり、また出産によって完全に体力を消耗してしまうケースもあるほどです。

無痛分娩には完全に痛みを感じないように麻酔をかける完全無痛分娩と、完陣痛の痛みのピークに合わせて麻酔をかける、和痛分娩と言われる分娩方法と2種類あります。
子宮口の開き具合とNSTと呼ばれる陣痛を数値化にして表した機器を使いながら出産を行います。
完全無痛分娩はまったく痛みを感じないことから、母体の負担が大変軽く出産後もすぐ身体を動かせるようになるという利点があります。
完全無痛分娩を行っているクリニックは大変少なく予約制となっているため、妊娠が分かったら早めに分娩予約を行う必要があります。

和痛分娩は5割ほど子宮口が開いた時点で麻酔を少しずつかけて、痛みをコントロールしながら行う出産です。
まったく痛みがないわけではなくピークの痛みを和らげるということを目的にしているため、無痛分娩とは呼んでいない産院もあります。