ストレス

妊活中は冷えに注意

女性は男性に比べると冷えやすい体質であるために、冷えに悩む方が多くいます。
身体の冷えは身体にとって良くない影響を与える場合があります。
特に妊娠を希望している、妊活をしている女性にとって冷えは大敵と言われています。
冷えは妊娠にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

身体の末端が冷えてしまう冷え性は、女性に多く見られる症状です。
具体的には冷え性は体温が低いということではなく、身体の末端や一部分などが冷えて辛いと感じている症状のことを指して呼んでいます。
冷えるというのは、身体中を通っている血管を流れている血液の流れが滞りがちになり、血管が縮むことによって起こります。

具体的には厚着をしたり靴下を何枚も履いても、手足が温まらなかったり、エアコンで暖かい室内にいても冷たさを感じているといった状態を指します。

女性の実に半数以上が、冷え性で悩んでいるとも言われています。
男性と比べると、女性は根本的に身体の構造が違うためです。
女性には筋肉が少なく、皮下脂肪が多くなっています。
筋肉は熱を作りだしますが、脂肪は一度冷めると温まりづらくなる性質があることから、一般的に女性の方が冷え性になりやすいのです。

また女性特有の月経なども冷えが起こる原因となります。
子宮や卵巣などは多くの血液を必要とする臓器です。
特に月経の際には多量の血液が減ることになりますので、腹部など他の箇所に血液が届きづらくなります。
さらに、女性が多く身に付けているガードルなど身体を締め付ける衣服や、食生活の乱れなども冷えの原因となることが多いです。

妊活を行う際には、冷えは大敵といわれています。
身体の末端まで血液が行き渡らないと、妊娠をする身体づくりに必要な、卵巣の中の卵胞の育ち方に影響が表れることがあります。
また男性も冷えることで精子を作る機能に影響をしてきます。
妊娠を考えているカップルは、適度な運動や漢方なども取り入れることで、早め早めに冷えを改善するための対策を行いましょう。