ストレス

妊娠中から子どもの名前を考えよう

妊活を経て子どもが産まれるにあたって、考えなければいけない最も大切なことのひとつとして、名前を付けることが挙げられます。
名前はパパとママが赤ちゃんにあげる、最初のプレゼントと言われています。
できることから、妊娠中に名前を決めておくことがおすすめされています。
その理由はどのようなものでしょうか。

子どもが誕生し家族が新しく増えるということは、この上ない喜ばしいことです。
子どもが生まれると、行わなければいけないことはたくさんあります。
真っ先に行わなければならないのが、名づけです。

子どもの名前を付け、役所に届けることで、戸籍に新たに記載されます。
そして住民票が作られ、保険証ができるなど、さまざまな手続きが可能となるのです。

実は、子どもの名付けには戸籍法という法律があり、出生すると14日以内に届けなければならないと決められています。
この「14日以内」というのは、戸籍では生まれたその日が初日という数え方になりますので、たとえば1月1日に生まれた場合は、14日までに区や市町村の役所に届け出なければいけません。

戸籍に関する届け出は、役所が休日の土日や祝日、もしくは深夜でも受け付けてもらえます。しかし、書類にもし不備があった場合などを考えると、なるべく余裕をもって届け出を行った方が良いでしょう。

子どもが生まれて、顔を見て名前を決めたいと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、一生子どもが使う名前を考え、決定するのには、この14日間という期間は、長いようで実はとても短いのです。
いろいろ名前を考えているうちに、どんな名前にすればよいのか分からなくなってしまうこともあります。

さらに出産というのは病気ではありませんが、何が起こるか分かりません。
たとえば、産後の身体の状態があまり思わしくなく、ママに名前を考える余裕がなかったり、時間が足りなかったといった事例も耳にします。
できるだけ、妊娠中に赤ちゃんの名前を決めておくことをおすすめいたします。